サーフィンにおすすめの車5選!車を選ぶ際のポイントや便利なカーグッズを紹介!

サーフィン おすすめ 車 カーリース

サーフィンは、海や波の魅力を満喫できる人気のマリンスポーツです。しかし、ロングボードやウェットスーツなど荷物が多いため、車選びに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、サーフィンにおすすめの車を厳選して5台ご紹介します。また、車を選ぶ際のポイントや、サーフィンに便利なカーグッズも併せて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

サーフィンにおすすめの車を選ぶ際のポイント

サーフィンの楽しさをより味わうためには、適した車選びが重要です。サーファーのニーズに応え、快適性や使い勝手を兼ね備えた車を選ぶことで、波のある場所への移動や遠征が格段に便利になります。

サーフィンにおすすめの車を選ぶポイントは以下の5つです。

  • サーフボードを積み込める
  • 車内が広く居住性が高い
  • 燃費の良さ
  • 走行性能に優れている
  • フォッション性がある

順に解説します。

サーフボードを積み込める

サーファーにとってサーフボードの積み込みやすさは重要なポイントです。ボードの長さに合わせた車内空間や、シートを倒して拡張できる機能性が求められます。特にハイエースのようなバンタイプは室内が広く、ボードだけでなくウェットスーツやツールも十分に収納可能です。

また、SUVはリアゲートから荷室へアクセスしやすいのが特徴です。さらに、フラットな空間を作りやすいため、サーフボードの積み込みに適しています。仮に中古車を選ぶ場合でも、これらの機能を確認することが重要です。

車内が広く居住性が高い

海岸での時間を快適に過ごすためには、車内の居住性の高さも欠かせません。広い室内があれば、車中泊にも対応しやすく、天候が悪い時でも車内で過ごすことができます。また、座席がフラットになれば快適なベッドスペースになり、ゆっくり休むことが出来るでしょう。

また、サーファーには収納スペースの多さも重要な要素となります。サーフボードが無理なく積める車なのかを事前にカタログで確認しておきましょう。

燃費の良さ

サーフィンスポットへ行くために長距離を移動する場合があるかもしれません。そのため、車選びでは燃費の良さも大きな選択基準のひとつです。経済的な負担を減らすうえで、燃費効率の高い車種を選ぶことは賢明な判断といえます。

ハイブリッド車やディーゼルエンジン搭載の車などは、長距離のドライブでも燃料コストを抑えることができます。また、ストップ&ゴーが多い街乗りでは、特にガソリン車との燃費差を実感するでしょう。

走行性能に優れている

サーフィンスポットには、ダートや砂浜へのアクセスが必要な場合も多いでしょう。そんな時に求められるのが安定した走行性能です。

SUVのような車高が高く4WD(四輪駆動)の車種は、このようなオフロード環境での走行に適しており、また急勾配やデコボコ道でのドライビングも安心して楽しむことができます。

サーフィン用の車は、トラクションコントロールや車両安定性制御機能を備えた車も選択肢として考慮すると良いでしょう。

ファッション性がある

サーフィンはライフスタイルそのものを表現するスポーツのひとつです。そのためサーファーの中には、利用する車も個性とファッション性を重視したい人もいるでしょう。

このような人は、車体のカラーや内装のデザインにこだわる人が多いです。流行に敏感なサーファーにとって、車種が持つブランドイメージは、自身のスタイルに合うかどうかも重要な要素になります。

中古車市場には、カスタマイズされた車が展示されていることが多いため、お宝車が見つかるかもしれません。

個性的でファッショナブルな車が欲しい人は、中古車展示場や中古車サイトをチェックしましょう。

JOBBYでは【ハイエースバン】の新古車をおススメ車両としてご案内しております。

ハイエースバンのグレード一覧はこちら

 

サーフィンにおすすめの車5選!

サーフィンを楽しむためには、サーフボードが積みやすく、砂浜などの自然豊かな環境にも対応できる車が求められます。

また、車中泊も考慮に入れた快適な車内空間や、燃費の良さも重要なポイントです。

ここではサーファーにぴったりの車種を5つ紹介しましょう。

日産「キャラバン」

日産キャラバンは、広々とした車内と高い実用性が特徴のミニバンです。3,000㎜を超える室内長はサーフボードの積載はもちろん、大人がゆったり寝られるため、車中泊にも最適なモデルです。

また室内が高いので、圧迫感が少なく快適な居住空間で長時間のドライブでも疲れにくい車です。

また、ディーゼル車を選択すれば、長距離を移動する際にも燃料費を大幅に削減できます。

ミニバンの中古車市場でも人気が高く、サーファー以外にも商用車としても需要がある車です。

JOBBYでは【キャラバン】をおススメ車両としてご案内しております。

キャラバンのグレード一覧はこちら

▼日産キャラバン価格

新車販売価格(公式サイト 2,526,700円〜5,958,700円
中古車価格例(カーセンサー 250万円台〜400万円台
カーリース月額料金(カーリースJOBBY 37,730円〜(60回払い)

トヨタ「ハイエース」

ハイエースは、サーファーに絶大な人気を誇るモデルです。その人気の理由は、広大な車内空間にあり、サーフボードの運搬だけでなく、車中泊にも対応している点が挙げられます。

またカスタマイズ性に優れており、専用パーツも多いため、利用者のライフスタイルに応じて様々な改造が可能です。ボディの耐久性と走行の安定感は多くのサーファーに支持されています。

但し、人気車種という事と昨今の半導体不足の影響で、新車の納車時期も長くなっています。また、中古車市場でも在庫が見つかりにくい状態です。

JOBBYでは【ハイエースバン】の納期の早い新車や新古車の良好な状態の車両をしっかりと探し出しご案内しております。

ハイエースバンのグレード一覧はこちら

▼トヨタハイエース価格

新車販売価格(公式サイト 2,392,100円〜3,755,500円
中古車価格(カーセンサー 100万円台〜400万円台
カーリース月額料金(カーリースJOBBY 28,050円〜(60回払い)

トヨタ「アルファード」

アルファードは、高級感あふれる内外装デザインと豪華な車内が特徴です。サーフィンだけでなくリゾートや街乗りでの移動にも適したミニバンです。

車内は広々としており、リアシートを倒せばサーフボードも余裕で積むことができます。走行性能にも定評があり、ミニバンとは思えない滑らかで静かな乗り心地が人気です。

また、ハイクラスの内装は、まるで自宅でくつろいでいるような感覚で過ごせます。

▼トヨタアルファード価格

新車販売価格(公式サイト 5,400,000円〜8,720,000円
中古車価格(グーネット 100万円台〜600万円台
カーリース月額料金(定額カルモくん 50,170円〜(11年契約)

トヨタ「ランドクルーザー」

ランドクルーザーはSUVの代名詞とも言える車種で、オフロード性能の高さが魅力です。砂浜や未舗装路でも高い走破性を誇り、走る道路を選びません。

荷室は広いですが、ルーフキャリアにサーフボードを乗せている人も多く見られます。

車内は十分な広さを有しており、車中泊にも適しています。さらに、耐久性や安全性に優れるため、ファミリー向けとしても長く愛されている車です。

中古車としても需要が高く、1000万円を超える車種もあり、全国でも広く流通しています。

▼ランドクルーザー価格

新車販売価格(公式サイト 5,100,000円〜8,000,000円
中古車価格(グーネット 200万円台〜1,000万円台
カーリース月額料金(オリックス カーリースオンライン 87,780円〜(7年契約)

スズキ「エブリィワゴン」

エブリィワゴンは軽自動車ながら、驚くほどの積載性を誇る車種です。車内のシートアレンジは自由に変更可能で、サーフボードもスムーズに積みこむことができます。

軽自動車ということもあり、燃費効率にも優れているので、経済的な走行が可能です。

また、軽自動車特有の小回りがきくこともポイントで、狭い道や駐車スペースでもストレスなく運転できます。

手頃な価格で購入できることから、初心者サーファーにもおすすめの車種と言えるでしょう。

JOBBYでは軽自動車で大人気の【エブリィワゴン】もおススメ車両としてご案内しております。

エブリィワゴン一覧はこちら!

▼スズキ エブリイワゴン価格

新車販売価格(公式サイト 991,100円〜1,519,100円
中古車価格(グーネット 40万円台〜200万円台
カーリース月額料金(カーリースJOBBY 16,280円〜(60回払い)

 

サーフィンで車を利用する際に便利なカーグッズ

サーフィンを楽しむ多くのサーファーにとって、海までの移動手段としてSUVやミニバン車は欠かせません。また、車に装備するグッズが充実するとより快適になることでしょう。

そこでこの章では、サーフィンを楽しむためのカーグッズを5つ紹介します。

防水シートカバー

サーフィンの後、濡れたウェットスーツやサーフボードを車内に運ぶとき、車のシートを守るのに防水シートカバーが大変役立ちます。

取り付けや取り外しも簡単で、清潔を保つのにも便利なアイテムです。さまざまなサイズがあるので、自分の車にぴったり合ったものを選びましょう。

キーボックス

サーフィン中、車のキーをどこに保管するかはサーファーにとって重要な問題です。キーボックスは、車外に設置しておくことが可能で、暗証番号式のロックや南京錠でキーを安全に保管できるケースです。

車のドアやトランク、車架に取り付けられ、サーフィンを楽しんでいる間も安心です。さらに、泥や砂、水からキーを守る耐水性にも優れています。

モバイルシャワー

サーフィンした後、身体に付着した砂や塩分をさっと洗い流せるのがモバイルシャワーです。シャワー設備がない場所ではとても便利です。

モバイルシャワーには手動ポンプ式・充電式・吊り下げ式等、さまざまなタイプがあるため、自分の車にあったものを選びましょう。

また、シャワー用の水を保管するポリタンクを用意しておくと安心です。

ルーフキャリア

車種によっては、長さのあるサーフボードを車内に積めない場合があるかもしれません。その問題を解決するのが、ルーフキャリアです。サーフボードを車の屋根に固定して運搬できます。

サーフボード以外にも、キャンプ用品などの大きな荷物を積載する際にも役立ちます。SUVなどの車種では特に活用度が高く、選択する際は、車種に適したものを選びましょう。

ウェットスーツハンガー

ウェットスーツは、そのまま車内に放置すると、蒸れや臭いの原因になりかねません。ウェットスーツハンガーは、ドアミラーに引っ掛けるタイプや吸盤で窓ガラスにくっつけるタイプ等があります。

特に車中泊するときには、外でスーツを乾かすことができるため、翌日も気持ち良くサーフィンを楽しめます。利便性を高めるためにも、一つは持っておきたいアイテムです。

 

まとめ

今回はサーフィン用におすすめの車や選ぶポイントを解説しました。

サーフィンはサーフボード等でどうしても荷物がかさばりがちなので、SUVやミニバン等の荷物が多く積める車が必要です。

これらの車種は新車の納品に時間がかかる場合があるため、中古車の方が比較的手に入りやすいといえるでしょう。

また、どうしても新車が欲しい場合は、カーリースの利用もおすすめです。カーリースなら月額料金だけで新車に乗れるので、お財布にもやさしいといえます。

色々な方法であなたお気に入りの車を見つけてください。

リース審査申込はこちら!

関連記事

Q&A よくある質問

リース(ローン)契約中の解約は出来ますか?

下記2パターンにて中途解約が可能です。

【契約解約後…お客様買取希望の場合】
[月額リース料×残月数]+[残価(リース時)]+[事務手数料]-[未経過費用]で買取が可能です。

【契約解約後…手放し・返却の場合】
[月額リース料×残月数]+[残価(リース時)]+[事務手数料]-[未経過費用][現状車両査定価格]で手放し・返却が可能です。

他の販売店で見つけた車両でもリース(ローン)組むことは出来ますか?

当社と販売店での取引(仕入)が可能であれば、対応可能です。

中古車の場合は車両トラブルは付き物です。

リース(ローン)契約後もご安心して愛車と向き合える様、当社(JOBBY)はお客様のご贔屓にしている販売店の活用をお勧め致します。

事業用(緑ナンバー)のトラックもリース(ローン)契約可能ですか?

取扱可能です。

※ローン会社によっては、取扱条件として自家用(白ナンバー)のみの場合もございます。

またリース(ローン)契約中に自家用(白ナンバー)から営業用(緑ナンバー)への切り替えも可能です。

どんなオプションでも対応出来ますか?

単純明快に回答すると

車検に受かる範囲内の架装であれば対応可能です。

※架装代も納車前であればリースやローンに組み込む事も可能です。
※車検に受からないオプションはお受け出来ませんので、ご了承下さい。

Loading...