キャンプに向いている人気車種4選!タイプ別に特徴も紹介!

キャンプ おすすめ 車 カーリース

キャンプへ行くには車は必須といえますが、実際どんな車がいいか迷う人もいるでしょう。キャンプ向きの車は、荷室の広さや駆動能力など、さまざまな面で比較することが重要です。

そこで本記事では、キャンプに向いている車を選ぶポイントや、キャンプ向きのおすすめ人気車種を紹介していきます。

 

キャンプに向いている車を選ぶポイント

一言でキャンプ向きの車といっても機能や装備など、こだわるとキリがありませんが、最低限以下の2つのポイントは抑えておきましょう。

  • キャンプ用品を積める車載量
  • 4WDと車高の高さ

順に解説します。

キャンプ用品を積める車載量

キャンプ用品は、テント・調理器具・テーブル・食材など、荷物の量が多いため、荷室の広さは重要です。

そのため、キャンプ用の車を選ぶ時には、車載量を必ずチェックしましょう

車載量が多い車にはSUVやミニバンなどがあります。これらの車はシートアレンジがしやすく、荷室を広くすることで長尺物を積みやすくなるメリットもあるのでおすすめです。

4WDと車高の高さ

キャンプ地は悪路な事が多く、普通車では走行が困難なケースもあります。そのため、キャンプにおすすめしたいのが4WDの車です。

4WDとは「4輪駆動」の意味で、4つのタイヤ全てが駆動する車を指します。最近では「AWD(全輪駆動)」ともいわれています。

4WDなら、キャンプ地の砂利道・沼地・雪道でも安定した走行ができるのがメリットです。

また、車高の高さもチェックしましょう。車高が高い車は最低地上高も高いので、悪路を走行してもボディが地面に接触しにくいからです。

ちなみに、最低地上高は200㎜以上ある車がおすすめですが、SUV車の多くはこれをクリアしています。

 

【タイプ別】キャンプに向いている車の特徴

キャンプに行くにはどんな車でもいいというわけではありません。キャンプに合った車を選ぶことが重要です。

この章では、キャンプに向いている車の特徴をタイプ別に見てみましょう。

SUV

SUVとは「Sports(スポーツ)・Utility(ユーティリティ)・Vehicle(ビークル)」の略で、日本語では「スポーツ用多目的車」といいます。SUVは悪路走行を得意とし、スポーツやアウトドアに適した車です。

日本でのSUVに明確な定義はなく、一般的にはオフロードに強い・荷物がたくさん積める車を指しています。

以前のSUVは車体が大きく頑丈で角張ったデザインでしたが、最近は丸みを帯びたデザインが多く、街乗りでも違和感のない車が増えました。従来の大型に加え、ミドルサイズやコンパクトサイズ、軽自動車タイプ等、車種も豊富に揃っています。

JOBBYでは【SUV】のおススメ車両もご案内しております。掲載に載っていない車両でも相談可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

おススメSUV一覧はこちら!

ミニバン

ミニバンは乗車空間と荷室空間がバランスよく設置されている車といえます。ミニバンの定員は最大8人乗れるため、大人数でのお出かけも可能です。

また、5人程度の乗車なら荷室も広く確保出来るため、家族や友人とキャンプに行くにも適しています。さらに2人なら後部座席を倒して寝室にする事で車中泊も可能です。

SUVほどの走破性はないものの、アウトドアと街乗りどちらも対応出来るミニバンは日本で人気の車種です。

JOBBYでは【セレナ】のおススメ車両もご案内しております。

おススメのセレナ一覧はこちら!

ピックアップトラック

ピックアップトラックとは、乗用車のような室内空間を持ちながらトラックのような荷台がある車の事を指します。最近はあまり見なくなりましたが、以前は多くの工事業者が乗っていました。

ピックアップトラックの最大の魅力は、最大5人の乗車が出来るうえに、屋根のない荷台には自転車やテント、サーフボード等の他では積みにくいものでも無理なく積めるということです。

また、ピックアップトラックは普通車ではなく貨物車扱いになるため、「1ナンバー」となります。そのため、普通車よりも税金が安く済むというメリットもあります。

軽自動車

最近の軽自動車は屋根が高い「ハイトワゴン」が人気です。ハイトワゴンは屋根が高いだけでなく荷室も広いため、2人までのキャンプに最適といえるでしょう。

シートアレンジも後部座席がフラットになるタイプが多く、車中泊も可能です。

また最近では、軽自動車を改造したキャンピングカーも販売されており、一般のキャンピングカーよりもコンパクトで低価格という点から、購入する人も増えています。

JOBBYでは【新型N-BOX】のおススメ車両もご案内しております。

新型N-BOX一覧はこちら!

キャンプに向いている人気車種4選

キャンプに向いている車はさまざまありますが、特にトヨタの車種が人気です。

この章では、トヨタ車の中からキャンプ向きの車を4種類紹介します。

ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドは、ランドクルーザーの兄弟車のような車で、ランドクルーザーよりもコンパクトなサイズです。走破性が高く車内空間も広いため、キャンプ用の車として人気があります。

プラドの特徴は、以下のとおりです。

  • オフロード性能の高さ:ランドクルーザーに劣らない悪路走破性。
  • 快適性と実用性の両立:オンロードでの走行安定性や静粛性も高く、街乗りにも適している。
  • 多彩なグレード展開:ガソリン・ディーゼル合わせて13のグレードと多彩なシートアレンジ。

プラドの2.8Lディーゼルエンジンは、力強いトルクと優れた燃費性能が特徴で、2.7Lガソリンエンジンは、セダン並みの静粛性と運転のしやすさが特徴です。

荷室サイズは5人乗りが2,070㎜、7人乗りが1,865㎜あるため、キャンプ用の車として利便性は高いでしょう。

▼ランドクルーザープラド概要

グレード ガソリン
・TX”Lパッケージ(5・7人乗り)
・TX(5人乗り・7人乗り)
ディーゼル
・TZ-Gクリーンディーゼル(7人乗り)
・T”XLパッケージクリーンディーゼル(5・7人乗り)
・TXクリーンディーゼル(5・7人乗り)
サイズ(全長×全幅×全高) ・TZ-G:4,825×1,885×1,835
・TX”L パッケージ&TX:4,825×1,885×1850
エンジン ・2.8Lディーゼル
・2.7Lガソリン
燃費(WLTCモード) ・ガソリン:8.3㎞/L
・ディーゼル:11.2㎞/L
価格 ・ガソリン:3,676,000円〜4,337,000円
・ディーゼル:4,330,000円〜5,543,000円
公式サイト https://toyota.jp/landcruiserprado/

RAV4

トヨタのRAV4は、1994年に初代モデルが登場してから約30年近く人気を得ているSUVです。ランドクルーザープラドよりもコンパクトサイズで小回りもきく車なので、街乗りにも適しています。

エンジンは、2.5Lガソリンエンジン・2.5Lハイブリッドエンジン・プラグインハイブリッドの3種類が用意されています。ガソリンエンジンは、力強い加速性能と優れた燃費性能があり、ハイブリッドエンジンは、スムーズな走行と低燃費を実現しています。また、プラグインハイブリッドは電動走行距離で95㎞を実現しました。

内装はシンプルで機能的なデザインが特徴です。シートは、長時間のドライブでも疲れにくい設計で、後席は足元にも余裕があり窮屈感がありません。また、荷室は後部座席を倒さなくても奥行き1,015㎜あるので、キャンプ用品も問題なく積める広さです。

▼RAV4概要

グレード ガソリン
・X(2WD・4WD)
・G(4WD)
・Adventure(4WD)
・G”Z package(4WD)
ハイブリッド
・X(2WD)
・G(E-Four)
・Adventure(E-Four)
・G”Z package(E-Four)
プラグインハイブリッド
・Z(E-Four)
サイズ(全長×全幅×全高) ・ガソリン・ハイブリッド
4,600×1,855×1,685
・プラグインハイブリッド
4,600×1,855×1,695
エンジン ・2.0Lガソリン
・2.5Lハイブリッド
・プラグインハイブリッド
燃費(WLTCモード) ・2.0Lガソリン:15.2㎞/L
・2.5Lハイブリッド:20.6㎞/L
・プラグインハイブリッド:22.2㎞/L
価格 ・ガソリン:2,938,000円〜3,836,000円
・ハイブリッド:3,538,000円〜4,304,000円
・プラグインハイブリッド:5,633,000円
公式サイト https://toyota.jp/rav4/?padid=from_rav4_feature_navi_top

ハイエース バン

トヨタを代表するミニバンといえばハイエースです。人気車のため中古車の需要も高く、キャンプ・街乗り・商用車等、さまざまな用途で使える車です。

ハイエースの最大の魅力はその室内空間の広さにあります。荷室はクラス最大級の3,000㎜以上あるため、キャンプ用品も楽々積む事が可能です。また、仮説ベッドや収納棚を設置する等、自分好みでカスタマイズする楽しさも味わえます。運転席と助手席はフルフラットになるため、ちょっとした仮眠をとるにも最適です。

SUVほどの走破性はないものの、優れた操縦安定性と乗り心地のハイエースバンはキャンプに行くなら申し分ない車といえるでしょう。

JOBBY一押しの【新型ハイエースバン】おススメ車両もご案内しております。

ハイエースバン一覧はこちら!

▼ハイエースバン概要

グレード ガソリン
・DX”GLパッケージ(2WD 2.0L)
・DX(2WD)
ディーゼル
・スーパーGL(2WD)
・DX(4WD)
サイズ(全長×全幅×全高) 標準ボディ
・4,695×1,695×1,980
ワイドボディ
・5,380×1,880×2,285
エンジン ・2.8Lディーゼル
・2.7Lガソリン
・2.0Lガソリン
燃費(WLTCモード) ガソリン
・8.1㎞/L〜9.8㎞/L
ディーゼル
・9.4㎞/L〜11.2㎞/L
価格 ガソリン
・2,392,100円〜3,280,600円
ディーゼル
・3,227,200円〜3,755,500円
公式サイト https://toyota.jp/hiacevan/

ランドクルーザー

トヨタを代表するSUVといえばランドクルーザーです。通称「ランクル」と呼ばれ、キャンプ愛好家にとっては憧れの車といえるでしょう。

ランドクルーザーは大型ボディで安定した走りが魅力です。最低地上高はクラス最大の225㎜あるため、悪路でも優れた走破性を発揮します。

頑丈なボディで悪環境でも安心して走れるのは、世界一過酷なレース「パリダカ」でも実証済みです。

荷室長は2,700㎜あるため、キャンプ用品や釣り竿等の長尺物でも楽々積めます。

 

グレード ガソリン
・ZX(7人乗り)
・GR SPORT(7人乗り)
・VX(7人乗り)
・AX(7人乗り)
・GX(5人乗り)
ディーゼル
・ZX(5人乗り)
・GR SPORT(5人乗り)
サイズ(全長×全幅×全高) ガソリン
・ZX(7人乗り)4,985×1,980×1,925
・GR SPORT(7人乗り)4,965×1,990×1,925
・VX(7人乗り)4,950×1,980×1,925
・AX(7人乗り)4,950×1,980×1,925
・GX(5人乗り)4,950×1,980×1,925
ディーゼル
・ZX(5人乗り)4,985×1,980×1,925
・GR SPORT(5人乗り)4,965×1,990×1,925
エンジン ・3.3Lディーゼル
・3.5Lガソリン
燃費(WLTCモード) ・ガソリン:7.9㎞〜8.0㎞/L
・ディーゼル:9.7㎞/L
価格 ・ガソリン:5,100,000円〜7,700,000円
・ディーゼル:7,600,000円〜8,000,000円
公式サイト https://toyota.jp/landcruiser300/?padid=from_landcruiser300_top_navi_top

 

まとめ

キャンプを楽しむためにはキャンプに適した車で出かけたいですよね。

今回紹介した4車種は、どれも室内空間が広く、荷物がたくさん積めるのでキャンプには最適な車ばかりです。また、キャンプ場での砂利道や沼地でも優れた走破性を発揮してくれます。

最近は、新車で購入しても納車まで時間がかかる場合もあるため、中古車やカーリースを利用するのも検討してみてはいかがでしょうか。

リース審査申込はこちら!

関連記事

Q&A よくある質問

リース(ローン)契約中の解約は出来ますか?

下記2パターンにて中途解約が可能です。

【契約解約後…お客様買取希望の場合】
[月額リース料×残月数]+[残価(リース時)]+[事務手数料]-[未経過費用]で買取が可能です。

【契約解約後…手放し・返却の場合】
[月額リース料×残月数]+[残価(リース時)]+[事務手数料]-[未経過費用][現状車両査定価格]で手放し・返却が可能です。

他の販売店で見つけた車両でもリース(ローン)組むことは出来ますか?

当社と販売店での取引(仕入)が可能であれば、対応可能です。

中古車の場合は車両トラブルは付き物です。

リース(ローン)契約後もご安心して愛車と向き合える様、当社(JOBBY)はお客様のご贔屓にしている販売店の活用をお勧め致します。

事業用(緑ナンバー)のトラックもリース(ローン)契約可能ですか?

取扱可能です。

※ローン会社によっては、取扱条件として自家用(白ナンバー)のみの場合もございます。

またリース(ローン)契約中に自家用(白ナンバー)から営業用(緑ナンバー)への切り替えも可能です。

どんなオプションでも対応出来ますか?

単純明快に回答すると

車検に受かる範囲内の架装であれば対応可能です。

※架装代も納車前であればリースやローンに組み込む事も可能です。
※車検に受からないオプションはお受け出来ませんので、ご了承下さい。

Loading...